シニアの健康管理は難しい?シニア特有の健康への悩みと解決策を考えてみた

シニア健康管理-1

シニアの健康管理とは何でしょうか?

そもそも健康とは何でしょうか、Wikipediaによると

「身体的・精神的・社会的に完全に良好な状態であり、たんに病気あるいは虚弱でないことではない。」とあります。

健康は寿命、つまり健康長寿にも関係して来ます。

シニアになると、身体的、精神的、社会的な責任、多くの健康要素を背負っているので悩みが多くなるのでしょうか?

定年退職後に、男性が地域になかなか溶け込めず、気力が失われる実態もあるそうです。健康は社会関係にも影響があるのでしょう。

シニアになると体の不調は多かれ少なかれ出てきます

健康が当たり前だと思っていた若い頃と比べると、不健康になってはじめて健康の有難さが分かります。

個人によっても健康感は違いますが、充実した生活を送るための、シニアの健康管理をどうすれば良いか、考えてみましょう

シニアこそ健康への悩みは深い

シニア健康管理-2

シニアになると、いろいろと身体的に精神的に不調を起こします。

定年退職した人の中で、これまでの会社の檻の中から解放されたとたんに、趣味も全く無い人が「定年うつ病」になる人が急増しているそうです。

定年うつ病の症状は、不安感、疲労感、頭重感、胃の不快感、無気力、食欲不振、不眠などが現れるそうです。

シニアが健康管理に行うべきヒントが、下記の調査結果にありました。

【シニア調査】シニアが健康のためにしている3つのこと
  • 規則正しい生活をするようにしている
  • 適度な運動をして身体を動かすようにしている
  • 疲労が残らないように身体を休めることを心がけている

引用元:https://www.rad.co.jp/report_list/20160725/

という回答です。

これからも分かるようにシニアの心身の健康管理として、基本は、規則正しい生活をすることです。

次に、運動を過剰にすると、疲れが残ってしまうので、年齢に合った軽い運動の習慣を取り入れることが大事だということです。

「軽い運動」とは、30分程度のウォーキングで十分良いようです。

そして、作業で少しでも疲れたと感じたら、十分な休養をとることです。

また、高齢になると一人暮らしも多くなります。地域活動など、地域の繋がりを大事にし、孤独にならないようにすることも、健康管理には重要な要素でしょう。

シニアの健康は、旅行で切り替えるのも良い

シニア健康管理-3

頭の中では、健康になるため、運動をよくして、バランスの良い食事をし、睡眠を十分取るという事が分かっていると思いますが、気分転換も必要です。

気分転換として、現実の生活環境から逃避できる、旅行が良いようです。

定年退職後のやりたい事ランキングの上位にも “旅行” があります。

JTBの調査によると

引用元:https://www.tourism.jp/tourism-database/survey/2016/03/senior-lifestyle/

シニアの旅行で、旅行頻度が減少に向かう転機は 70 歳からだそうです。

また、50 代からが、旅行の計画や準備がおっくうになるらしい結果もあります。

旅行の計画や準備がおっくうになる流れ

認知や運動能力が衰えると

旅行やお出かけの計画がおっくうになる(自分から出かける頻度が減る)

 ⇓

誘ってくれれば出かけたいが、他人のペースに合わせるのが苦痛

 ⇓

誘いを断る

 ⇓

お出かけの頻度が減る

という「お出かけの負のスパイラル」とも言うべき現象が生じることが

旅行やお出かけ減少のからくりだそうです。

旅行は、行ったことがない場所に行くことで、好奇心、期待感、緊張感が良い効果となるようです。

普段生活している家庭から1歩出るだけで、健康の道が開けます。

シニアの旅行頻度を多くするには 旅行の準備や計画が肝心です。

もし、おっくうになった場合は、自分の「過去を巡る旅」や、「健康づくりの旅」のパッケージを活用するのも良いということです。

ただし、旅行日数が長すぎると、疲れ過ぎて逆効果になるらしいので、基本的には数日間の旅行が良いようです。

シニアの健康は運動よりも食生活

シニア健康管理-4

最近はサプリメントがたくさん売られていますので、人によっては健康のため、サプリメントを過剰摂取する人がいるようです。

サプリメントの摂取で注意することは、サプリメントの有効成分は、通常の食事にも含まれていることが多いそうです。

ですから、通常の食事と合わせて飲んだ結果、規定以上の量を摂取してしまい、サプリメントや他の薬の効果が薄くなったり、副作用まで起こす可能性があるそうです。

例えば、ビタミンAの過剰摂取は、頭痛や肝障害、骨が脆くなる、といった副作用があるそうです。

また、鉄の過剰摂取は、吐き気を催したり、肝臓などの臓器障害を引き起こすことも分かっているそうです。

また、サプリメントの中では、安全性が十分に確認されていないものがあるそうです。

大切なことは、食生活に気を配ることで、大きな病気の発症を予防できたり、病気治療にも役立つそうです。

このような基礎疾患は、毎日の普通の食生活で十分に予防出来たり、治療出来たりするそうなので、サプリメントを摂取する場合は、医師から処方薬と同様に記録に残し、医師とも相談して服用すると良いようです。

また、男性の場合、男性ホルモンが健康に関係しているという説があります。

それによると、男性ホルモンのひとつ、テストステロンが

“下半身”だけでなく、肥満や生活習慣病、さらには性格やメンタル面まで影響を与えていることが、最近の研究で分かって来たらしいです。

※順天堂大学医学部泌尿器科学講座の堀江重郎教授の研究

※テストステロン:主要な男性ホルモン。男性の場合、約95%は精巣(睾丸)で作られるが、男女ともに副腎でも作られている。

このテストステロン値が上がれば、男らしく、若々しくいられるらしいです。

これを上げる方法は、睡眠と食事が大事だそうです。

テストステロン値を増大させることに関係する食材は、タマネギやニンニク、スイカや冬瓜のウリ類、海のカキが良いらしいです。

また、たんぱく質もしっかり摂ることが基本のようです。

シニアの健康管理も本人の意識次第

シニア健康管理-5

シニアになると 健康な状態を維持することが、少し難しい管理になる場合もあります。

不健康になってから健康に戻すには、シニアではちょっと厳しくなるでしょう。

多くの人は、若いうちは仕事のストレスで暴飲暴食、運動不足に陥りがちで

その半面、年を取ると過剰な健康管理にハマりがちになっています。

前述のように健康管理とは、本人の心身を良い方向に持っていく管理ですので良いと思ったことを続けることが大事です。

このように、嗜好に関わる健康管理もあるかも知れませんが、健康は、寿命(長生きするか)に間違いなく関係していきます。

若いうちから不摂生を続けていれば、その蓄積は体に大きなダメージを与えているはずです。その結果、ポックリと突然死を迎える可能性だって高くなります。

とはいえ、特にシニア以降は、無理して食べたいものを我慢したり、つらいのに無理して運動したりする必要はないそうです。

食べたいものを我慢するというのはストレスがかかりますし、過激な運動も体が悲鳴をあげます。自然体が一番です。

シニアの健康管理は 規則正しい生活をで、適度に運動する、食事に注意する、睡眠をよくとることは基本で、さらに「我慢しないこと」を徹底することが大切だということです。

シニア健康管理 まとめ

シニアの健康管理について述べてきましたが、シニアになって、いろいろな悩みや、体力低下によって心身の不調になることもあるでしょう。

シニアの健康管理は、若い時とは違うことを十分意識して、過剰に頑張らなくて良いということです。

結論をまとめると

  • サプリメントは過剰摂取にならないこと、リスクを認識すること。
  • 健康管理の基本は、普段のバランスが取れた食事と、質の良い睡眠、社会とのつながりも大切。
  • 気分転換に旅行がお薦め。
  • 健康管理は自然体で頑張る。

これらの事に気をつけながら、シニア時代を健康に過ごしましょう

あなたも、これからの人生を大きく換えてみませんか

50代・60代になって、生きていくのにも、仕事を続けるのも疲れていませんか?

先の見えない生活で、この先の生活費にも余裕が無いと、何事にもやる気も起きないと思います。

そんな、あなたに一つの提案があります。

私も、この方法を知ったことにより、必死に仕事にすがりついている人生が大きく変わりました。

その方法とは

「人生疲れても、
メゲないで明るい未来を目指せる方法」です。

 ↑  ↑  ↑  ↑  ↑ 
詳しくは、こちらをクリックしてみてください。

コメント